『ポテトグラタン』基本の作り方、献立の中での位置づけ 生クリームを使ってカンタン、シンプル、おいしい

recipe

こんにちは、トキです。

ポテトグラタンはホワイトソースなしで作れますか?
夕食にポテトグラタンを食べる時、他に何を作りますか?
ポテトグラタンを食べる時、ご飯は食べますか?

こんな疑問を持っている人もいることだろう。
ポテトグラタンに対する認識が、ちょっと違う気もするので、
今回は、

「ポテトグラタンの献立の中での立ち位置」
「本来はこうやって作る」

という事について書いてみたいと思う。

ポテトグラタンはメインディッシュではない


はい。まずこれを言っておきたい。
ポテトグラタンは主菜なはならない、副菜である、普通。

もちろん、
「チキンとほうれん草とスイートコーンのポテトグラタン」
という事になってくれば、話は別。

チキンのタンパク質に野菜のビタミン、ポテトの炭水化物。
この手の料理は、ホワイトソースを使ってメインディッシュとしてのグラタンになる。

しかし、
「ポテトのみを使ったグラタン」はメインとしては考え物

ヨーロッパでは、ポテトグラタンは、肉料理の付け合わせとして使われる。
大き目のグラタン皿に焼いて、切り分けてメインの肉料理の横に、付け合わせとして添えられる。

コース料理として提供される店でのメインディッシュは、一皿の中に、

肉や魚などメインのタンパク質
野菜のソテーなどのビタミン
満腹感を与えるポテトや米などの炭水化物

が添えられるのが一般的。

メイン料理一皿で済ませられる家庭のご飯もそうだ。
チキンをローストしたものと、グレイビーソース。
野菜をローストしたもの、又はサラダ。
マッシュポテトやローストポテト、米などの炭水化物という3点トリオで成り立っている。

なので、このことを理解していれば、

「夕飯はポテトグラタンなんだけど、他には何を作ればいい?」
「ご飯は付けようかな?」

などという疑問は湧いてこないと思う。

日本は米を主食とした国である。
なので、ご飯と一緒に食べる、

◆ハンバーグの付け合わせとして
◆ビーフシチューの付け合わせとして
◆チキンのトマト煮の付け合わせとして

考えるといいと思う。

ポテトグラタンにホワイトソースは必要ない


次にポテトグラタンはホワイトソースなしで作れますか?

答えは

「はい、作れます。」
「というか、ホワイトソースは基本、必要ないのです。」

グラタンというと、どうしても
ホワイトソースをかけて焼く、
というイメージがあるので、分からなくもない。

だが、基本のポテトグラタンには、ホワイトソースは必要ない。

前述したように、これが、
「チキンとほうれん草とスイートコーンのポテトグラタン」
なら話は別。
ホワイトソースで作る。

ジャガイモメインのみで作るポテトグラタンに、ホワイトソースは必要ないと覚えておこう。

本来のレシピは、生クリームとじゃが芋をメインに作る、
シンプルで、ホワイトソースを作るよりもカンタンなものだ。
ハンバーグや洋風の煮込み料理を作る予定がある人は、ぜひ、下記のレシピを参考にしてみてほしい。

基本のポテトグラタン レシピ

『ポテトグラタン』ホワイトソースなしで出来る本格派 切り分けて肉料理の付け合わせの定番

【材 料】12×15.5cmのオーブンディッシュ1つ分

ジャガイモ400g
生クリーム200ml
ニンニク1かけ
ナツメグパウダー小さじ1/4
パルメザンチーズ適量

小さじ1/2強 又は好みで調節
コショウ少々
(好みで)刻みパセリ適量

【作り方】
➊耐熱容器にバター少々を落とし、レンジでチン。
溶かしたら、ハケで耐熱容器の内側に塗っておく。

➋鍋に生クリームを注ぎ、おろしニンニク、ナツメグパウダー(※まとめ参照)、塩、コショウを加え混ぜる。
火にかけて、温める。(煮ないこと)
一度味見をし、塩味を確認する。
合わせるのはジャガイモなので、この時の塩加減は、ちょっと塩が多いかな、くらいがちょうどいい。

➌ジャガイモは皮をむき、幅広にスライサーで薄くスライスする。
耐熱容器に、ずらしながらジャガイモのスライスを並べていく。
後で、生クリーがム吹きこぼれる可能性もあるので、ある程度フチの高さは残しておく。

重ねたジャガイモの間にクリームが入るよう、竹串などですき間を作って流し入れてあげる。
トントンと耐熱容器をテーブルに叩きつけてみたり。

➍作って、味見した生クリームのミックスを、並べたジャガイモの上から注ぎ入れていく。
この時、フチギリギリまで注ぐと、オーブンの中で生クリームが吹きこぼれ、
後でオーブンを掃除することとなるので注意。

パルメザンチーズをまんべんなく振りかける。

➎175℃に予熱しておいたオーブンに入れ、20分程焼く。
その後、温度を180℃にあげて、きれいな焼き色をつける。

焼き上がったら、包丁や竹串などを刺して、ジャガイモが柔らかく火が通っているか確認。
固い場合は、さらにオーブンで焼く。
焦げすぎてしまう心配がある場合は、アルミフォイルなどをかぶせて焼く。

➏焼き上がったら、パセリのみじん切りなどを振りかける。

ハンバーグや煮込み料理のサイドして、大き目のスプーンで取り分けて、皿に盛る

まとめトポイント


どうだっただろうか。
ポテトグラタンの献立上の使い方が分かっていただけだろうか。
このレシピの作り方で作れば、一度冷えたポテトグラタンは切り分けられやすい。
四角く切ったり、型で抜いたり。
「明日のおもてなし用に作りたい」という時は前日に作り、切っておくと良い。
提供するときは、切ったものをレンジ、またはオーブンで温める。

なお、レシピに使われているナツメグ。
パウダー状で売っていることが多いかと思う。

もし手に入るのであれば、是非「丸のまま」をおススメする。
スパイスやハーブ類は日にちが経つと、どうしても香りが弱まる。
丸のまま保存しておけば、すりたて、挽きたてで、香りもフレッシュ。

ナツメグは、他のハーブやスパイスに比べ、少々値段がはるかもしれない。
なので、パウダー状のものを買ってムダにするのはもったいない。
丸のままなら、かなり保存が効くので試して欲しい。

タイトルとURLをコピーしました