サバ水煮缶の美味しい食べ方『サバと大葉、レモンのさっぱりパスタ』高齢の方にも喜ばれる

recipe

こんにちは。トキです。

「サバ水煮缶の美味しい食べ方を知りたい」
「水煮缶はどうやって食べるの?」

こんなことを思っている人に読んで欲しい。

前回からサバの水煮缶を使ったレシピ記事を書いている。
これも前回同様、一時帰国中に作ったもの。
「サバ缶」レシピ、第二弾。

第一弾【サバ水煮缶どうやって食べる? 料理が得意でなくても出来るカンタンなレシピ『サバのパテ』】はこちら。

今回のレシピは「さっぱり系パスタ」なのだ。

「さっぱり」だけではなく、風味豊かな一品だ。

自分でも、もちろん試食はするが、今回の一時帰国では私の母も味見役にひきいれた。
実は、いくつか作ったサバ缶レシピの中で、これが母の一番のお気に入りだった。

「この風味は、なんなんだろうねぇ」

そう言いながら、箸を動かしていた。

もしあなたが高齢の方に作ってあげたら、きっと喜んで箸でパスタを食べてくれるだろう。

サバ缶、大葉、レモン、ケッパーを使ったさっぱりパスタ

風味豊かで、さっぱりの秘密は、大葉、レモン、ケッパーを使っているから。

この「風味」、フレーバーというやつは、なかなか侮れない。

もし、あなたが同じ材料で、同じ作り方をした普通のブラウニーと、同じレシピに、オレンジの皮のすりおろしを加えたものを食べ比べたら。

どう感じるだろうか?

多分、というか絶対、オレンジの皮を加えたものの方が、なにかもっと複雑な作り方をした別物のブラウニーに思えるだろう。

味に直せつ影響がない、ハーブやスパイスなどのフレーバーでも、鼻孔に働きかけ、口の中の味と相まって複雑さをかもしだす。

ヨーロッパでは、ハーブに始まり、フルーツの皮やスパイス類を多用し、料理にフレーバーをつける。

日本でもユズの皮を使ったり、サンショウや大葉や三つ葉もハーブなのだ。
食感を大切に、風味を大切にしてきた和食を食べてきたあなたなら、きっとフレーバーの大切さが分かると思う。

フレーバー、風味付けというのは、料理を作る上で、味、見た目と並んで大切な要素なのだ。

これを頭において料理をすれば、今までの料理とはグンと違ったものになるだろう。

話は横にそれたが、この大葉とレモン、ケッパーのパスタ。
そこに、私は好きなキャベツをプラスしてみた。

他の野菜でもいい。
あなたがほうれん草の方がいいのであれば、ほうれん草でぜんぜんかまわない。
おいしく食べるのが一番。

なお、このパスタはさっぱり系なので、スパゲッティは細目の方が合うと思う。
そして、高齢の方に作ってあげるのならなおさら、細い方がいいだろう。

ケッパーってなに?

さて、材料の中にケッパーというのが出てきたが、ご存知だろうか?

ケッパーとは、木の花のつぼみの酢漬けである。
ちいさい丸いものだが、つま楊枝などで開いてみると、ちゃんと花びらが重なっているのがわかると思う。

スモークサーモンにはかかせない存在だ。
ちょっとしか使わないのに一瓶買っちゃってどうしよう、と思う必要はない。
ケッパーはけっこう重宝する食材。

例えばタルタルソースなどをつくる時も使えるし、サラダに振りかけて味のアクセントにもなる。
酢漬けなので長持ちもする。
私もレシピの中で良く使っているので、そのうちリンクを付けてみたいと思う。

ケッパーは日本でも最近ポピュラーになってきたようなので、結構カンタンに見つかるだろう。

サバ水煮缶のおいしい食べ方「サバ、大葉、レモンのさっぱりパスタ」

【材 料】2人分

サバ水煮缶1缶
キャベツ(葉の大きいところ)3~4枚
おろしニンニク小さじ1
鷹の爪(輪切り)1/2本分
レモン(国産)の皮1個分
ケッパー(刻んで)山盛り大さじ1
大葉8枚
塩、コショウ適量
オリーブオイル(炒め用)適量

【作り方】
➊サバ水煮缶は開けて汁を切っておく。
骨は柔らかくなっているが、皮はとったほうがいいかもしれない。

キャベツは食べやすい大きさにカット。
レモンは皮をすりおろす。
ケッパーは粗く刻む。
大葉は縦半分に切ってから、太めの千切りにする。

鍋で湯を沸騰させ、パスタを茹でる準備をしておく。
パスタの袋の茹で時間をみて、タイミングを見計らって茹で始める。

➋フライパンにオリーブオイルとおろしニンニクを加え、中火にかける。
ジクジクとおろしニンニクを炒め、香りを出す。

➌ニンニクの良い香りが出てきたら、鷹の爪とキャベツを加え炒める。

➍キャベツがちょっとしんなりしてきたら、缶詰のサバ、刻んだケッパー、分量の半分のレモンの皮のおろしを加え、続けて炒める。

➎塩、コショウで調味する。

➏キャベツのシャキシャキとした食感がまだ残っているうちに 茹で上がったスパゲッティの湯を切って、フライパンに加え、全体を大きく混ぜる。

➐味見をして、塩味がちょうど良かったら火をからおろす。

➑出来上がったスパゲッティを皿に盛り、残っているレモンの皮と大葉を散らす。

まとめとポイント

レシピを見てみればわかると思うが、いたってカンタン。それでいて味はシンプル、フレーバーがどっさりの一品。
なので、手早くフレッシュさを失わないうちに仕上げて欲しい。
しかし、味見は忘れないようにお願いする。

サバにはすでに調理済みな訳だから、炒めすぎず。
そしてキャベツが炒まれば、あとは次々に材料を投入するだけ。

スパゲッティはぜひ細目を使って欲しい。
きっとこのレシピに合うと思う。

お母さんに作ってあげてみて欲しい。。

タイトルとURLをコピーしました